かもめ

涸沼のコブハクチョウ

 こがねえむしです。

 涸沼で見かけた・・・

 

 コブハクチョウの親子です!

 この親子を見つけて考えたこと・・・

  Q1)この子は生まれてどのくらいたつのだろうか?

  Q2)嘴の色が違うけど

      ・・・それに、千波湖で見たハクチョウの子供は、体色がグレーだったし・・・?

  Q3)渡らないのかなあ?

  Q4)他にもいるのかなあ?

などと、いろいろなことを考えていました。

 その答えを探して・・・

 ウイキペディア「コブハクチョウ」

等の説明を読んでみると・・・

 A1)子コブハクチョウの年齢は判断しきれなかった!

 A2)嘴の色は違うけど親子であることは間違いなさそう

     ・・・子コブの嘴は黒のようだ!さらに子コブの体色は白もあればグレーもあるようだ

      ・・・それも同じ親から違う色の子が生まれるそうだ!

 A3)渡るけど、居ついているコブもいるようだ。

     ・・・北海道大沼で移入されたコブハクチョウの子供たちが同じ北海道のウトナイ湖に移り住み、それが茨城県の霞ケ浦に渡ることもあるそうだ!

      ・・・この親鳥たちもウトナイ湖から来たのかもしれないね

 A4)他にもいるかもしれないが、広い涸沼を見渡しても確認できなかった!


っと、大まかこんなところでした!

 これまでハクチョウさんたちきれいだね!とみていただけですが、

 ”ウトナイ湖から霞ケ浦にわたる!”

って知って、大驚きしたこがねえむしでした!

 渡り鳥って人間以上にグローバルなのかと思っていましたが、国内転勤族もいるんですね!



スポンサーサイト
テーマ: 散策・自然観察 -  ジャンル: 趣味・実用
by こがねえむし  at 22:25 |  つれづれ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム