尾瀬 秋

比叡山

まいまいです。

今日(水曜日)、寒くなかったですか?
やっぱり日差しのあるなしというのは大きいようで・・。

それなのに花粉は容赦なく飛ぶという(T_T)
例年は鼻に来るのだけれど、なぜか今年は頭痛がする。
年によって違うのは何で??
でも、発酵食品のおかげか甜茶のおかげか、
鼻炎がひどくなってないのは本当に助かります。


さて、書こうとしている本人ももう忘れかけている、
愛知・滋賀への旅行記です。

京都と滋賀にまたがる比叡山
行きたいと思ってはいたけれど、
今まであまり機会がありませんでした。
京都旅行の時、日程に入れようとすると遠いんですよね。
滋賀に行くことになったので、
足を伸ばすことにしました。

よくわかっていなかったのですが、
比叡山は、東塔地域、西塔地域、横川地域に分かれた広大な地域なんですね。
周囲およそ100kmもあるそうです(@_@;)
最澄だけでなく、たくさんの僧がここで修業し、新しい宗派の開祖となっていきました。
160316 160213 比叡山0002

まず東塔地域へ。
大講堂です。
160316 160213 比叡山0001

延暦寺総本堂の根本中堂(国宝)は工事中でしたが、
これは見る甲斐のある、荘厳な建物でした。
残念ながら撮影禁止で写真がありませんが、
歴史の重みを感じます。

160316 160213 比叡山0003
160316 160213 比叡山0008
正直に書きましょう。
もはや、どの写真がなんの建物かわからなくなってます(笑)
下の写真はたぶん阿弥陀堂。上は法華総持院東塔・・かな??

敷地の中にはこんなものまで。
160316 160213 比叡山0006
比叡山の名前入りの消防車です。

160316 160213 比叡山0007
ここは修行の地。ホントに山の上です。
天気が悪かったのですが、遠くの山を見ることができました。

西塔地域へ。
観光客が多かった東塔と違って、静かでした。
160316 160213 比叡山0012
二つのお堂を廊下でつないだ「にない堂」。

こちらは横川(よかわ)地域。
横川中堂。
160316 160213 比叡山0014

160316 160213 比叡山0015
「横川の僧都」!?
あった、あった!大昔に読みました。(現代訳でね。)
比叡山まで来ておいて、
「横川の僧都」と、この横川地域とまったく結びついていなかった(>_<)
ダメダメです。

これから源氏物語を読み返すなんてこと、あるかな・・。

紫式部ゆかりの石山寺は時間の都合で回れませんでした。
また縁があれば行くこともあるでしょう。

160316 160213 比叡山0013
途中の道から。
琵琶湖は思ったより近くに見えました。

この後、雨が降っているのに安土城跡に行きます。
ハイ!安土城のことを何にもわかっていなかったんですネ。
スポンサーサイト
テーマ: 国内旅行 -  ジャンル: 旅行
by こがねえむし  at 21:27 |  旅行 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム