尾瀬 秋

富士山御胎内清宏園へ行ってきました!

 こがねえむしです。

 昨日の日曜日ですが、春めき桜を探しに出たあと、御殿場まで出向き・・・

 富士山御胎内清宏園

に行ってきました!

 入場料150円と格安・・・どうせなら無料にしたら・・・

 160306御胎内公園0003

 そのわりに、自然はいっぱい、溶岩洞窟もいっぱい!

 なかでも、溶岩隧道はお勧め一番です!

 160306御胎内公園0004

 全長68mの溶岩の隙間にできたトンネルです!

 160306御胎内公園0005

 入り口です!

 ここに入ったとたん、こがねえむしは天井の溶岩に頭をぶつけ・・・

 痛いのなんのって!

 ここから先は更に狭くなるとのことなので、アナボコにつっかえてしまっては身もフタもないので、ここで折り返しました!

 こがねえむしが”戻る”というと、まいまいさんもつられてほとんど戻るはずなのですが、この日は違っていました!

 一人でアナボコ探検隊です!

 160306御胎内公園0006

 160306御胎内公園0007

 これらは、アナボコの中でまいまいさんが撮った写真です!

 2枚目の写真を見ると、まるで胃カメラの写真みたいです・・・胎内なんですね!

 このアナボコ、後半になればなるほど狭くなり、這いつくばってやっと出てきたまいまいさんんでした!

 でも楽しそう!よかったね!


 160306御胎内公園0002

 160306御胎内公園0008

 ここって、洞窟以外にも自然いっぱいで・・・落ち葉がきれい!

 でも・・・

 160306御胎内公園0001

 オリがあって、中にはお猿さんが一匹・・・

 このまま、ほとんど動かない・・・

 表情が・・・さびしそう・・・昔はいっぱいいたのに、いつのまにか一匹になってしまったのか・・・

 鬱なんじゃないでしょうか、このお猿さん・・・

 籠の中に一匹・・・なんかかわいそうな気がしました・・・

 やっぱりお猿さんって、群れをなして飛び跳ねていなきゃあ・・・


 と、しみじみ感じたこがねえむしでした・・・


PS.

まいまいです。
いや~、ここホントに「胎内」みたいです。
ところどころに明かりがあるだけで、
基本的に真っ暗。
懐中電灯の明かりで一生懸命照らさないと、
順路さえわかりません。

そして、ありえないほど細い隙間の向こうに
「順路⇒」なあんて書いてあって、
人には見せられないような格好で
やっとすり抜けてきました。

「通り抜けられなくて戻る方もいらっしゃいますよ。」
と、受付の方は笑ってらっしゃいましたが、

一度、細い隙間をすり抜けたら、
今度は戻りたくてもやすやすとは戻れません。

前にも後ろにも進めなくなったらどうしよう・・(ー_ー)!!
と、本気で心配しました。

でも、たっぷり時間を使って何とか戻ってきましたよ。
よかった、よかった。


PS.PS

やっとサイクルロードレースのシーズンが
本格的に始まりました。
まずは、「パリ~ニース」!
別府選手も出てますよ。

これから春のクラシックも楽しみです!
スポンサーサイト
テーマ: 散策・自然観察 -  ジャンル: 趣味・実用
by こがねえむし  at 19:49 |  つれづれ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム