檜枝岐の新緑

桜以外のお花も楽しんでおります(その2)

まいまいです。

昨日の続きです。

小田原から風祭方面に向かって歩きます。
本当は入生田のシダレザクラを目指していたのですが、
地図を見ても道がありません。
あきらめて「萬松院」から風祭駅に出ました。

今、確認したらどうも入生田コースは閉鎖されているようですね。
・・次の日(日曜日)逆側から通ってきちゃったんだけど。
整備が悪いと二人で文句を言いながら来ましたが、
ちゃんと書いてあった(^_^;)

と、いうことで、
春の息吹を感じながらのんびり里山歩きを楽しみました。

150330 小田原春の花0024
名前がわからないのですが、かわいいですよね。

150330 小田原春の花0008
このお花、何度名前を聞いても忘れてしまいます。

150330 小田原春の花0016
よそのお宅の花ですが、撮らせてもらっちゃいました。
ボケの花でしょうか。

150330 小田原春の花0009
ユキヤナギ。ちとピンボケですが、真っ白です。
この時期見かけると嬉しい花の一つ。

150330 小田原春の花0025
ちょっと自信がありませんが、スモモの花かしら。

風祭の駅のそばの道祖神です。
ここは江戸から21番目の一里塚なんだそうです。
150330 小田原春の花0019
春の花がたくさん、お供えしてあります。
風祭駅から箱根登山鉄道に乗って小田原に戻りました。
あの赤い電車が好き。
小田急の車両っておしゃれです。


さて、どうでもいいことかもしれませんが、
春の花の名前って漢字で書きたくなるんですよね。
全部漢字で書くと意味が分かりづらい気がして
植物はふだん、カタカナ表記にしています。
たとえば「ハクサンチドリ」を「白山千鳥」って書いたら、
鳥みたいですよね。

でも、
水仙、桜、蒲公英、菫、辛夷、雪柳、木瓜、桃、李、木蓮・・

長く親しまれてきた花は、漢字で書いた方が、
その雰囲気を表せる気がします。

ま、表記がバラバラだと見づらいので、
カタカナ表記にしますが、
たまに「桜」になっちゃうのは、そういう事情ですので
見逃してください。
スポンサーサイト
テーマ: 散策・自然観察 -  ジャンル: 趣味・実用
by こがねえむし  at 19:41 |  お散歩 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム