すすき

勝田マラソン・・・詳細

 こがねえむしです。

 昨日速報でお伝えしました勝田マラソンですが、今日はより詳しくお伝えいたします。

 まずは、土曜日の夜ですが、みなさん夜遅くまでTVにかじりついていたのではないかと思いますが、サッカー決勝には目もくれず、良い子のこがねえむしは”オネンネ”していました。夜9時にねて、翌朝6時まで、途中いくらか目を覚ましましたが、9時間近くねています!・・・・子ども並み・・・でも、体力勝負の競技に出るには、睡眠が一番の特効薬です・・・そして酒は呑まない・・・辛いけど・・・

 翌朝目が覚めて、スッキリ・・・朝飯のナポリタンに焼き餅・・・まいまいさんに頼んで作ってもらった炭水化物料理をいっぱい摂ります。

 そして常磐線へ・・・日曜日の朝の下り電車・・・いつもは乗る人がほとんどいないはずないのに・・・この日は満員でした・・・いうまでもなく乗客のほとんどが勝田マラソンの出場者です。

 周囲にはカラフルなウインドブレーカーを来た老若男女ばかりです。
 途中から乗ってきたマラソンと関係ないオバチャンが、自分がこの電車に乗っていいのか、ってかんじで不安そうに周囲の客を見ていました。

 勝田駅から会場までは徒歩10分程度、受付を済ませて準備をします。
 
 スタートまで1時間強・・・緊張してもしょうがないのですが、なにかとトイレが近くなります。

 そして11:00遅い時間のスタートです!駅前通りを埋め尽くす約12,000人の出場者・・・スタートの号砲が定刻通り鳴らされましたが、しばらくランナーの波は動きません。徐々にゆっくりと動き出し、スタートラインを通過するまでに6分30秒経過していました。

 勝田マラソンスタート


 こがねえむしがスタートした時点で、すでにトップとは2km以上の差がついていることになりますので、ここで優勝はあきらめました。

 ・・・優勝狙っていたんだけどなあ

  ・・・「なに言ってんだよ」(fromまいまい)

 スタートしてしばらくは、周囲の人と肘がぶつかり合うほど混雑していますので、自分のペースでは走れません。1kmも走ったでしょうか、やっと前後に隙間ができたので自分のペースで走ります。

 このとき、とっても軽く走れる感じがしました。いつもは走り始めがハアハアゼエゼエと辛いのですが、この日は呼吸も安定しています。更に、一歩一歩が膝に負担がかかっている感じもありません。

 ・・・うーーーん、調子良さそうだからこのままのペースで走ってみるか・・・

 自分の感覚では、6分30秒/km程度のペースかなあ、と思っていたのですが、

  0 ~ 5km  ラップ 30分34秒

 ・・・時計を見て驚きましたが、思ったより速いペースで、最初の混雑を考えれば6分/km程度は自分にとっては速いペースです。でも辛くない!そして、

  5 ~10km  ラップ 30分23秒

    ~15km  ラップ 30分48秒

    ~20km  ラップ 31分15秒

 これで20kmを通過し、ここまでネット2時間03分です。

 ・・・はやすぎるかも?オーバーペース?・・・・だいじょうぶじゃろか???・・・かなりの不安を残しながらもそのペースを守って走ります。

 しかし、さすがにハーフを越えると疲れが出てきます。疲れてくると、自然と猫背になります。こがねえむし一族共通の癖ですが・・・マラソン教室で教わったとおり、こんな時ほど胸を張って走ります・・・そうすると自然に足が前に出ることを練習で経験していました。

 そのおかげで、

 20~25km  ラップ 31分55秒

   ~30km  ラップ 32分52秒

 この10kmを、6分30秒/kmを切るペースで走れました。


 そして、30kmの通過タイムは、ネット3時間08分

 自分で、”スゲエ速い!”と思いながら走ります。練習でもこんなに速く走ったことはありません。

 そしてこのあたりからゴールタイムを計算し始めます・・・あと12kmだから6分30秒/kmで走れれば、4時間30分切るかもね・・・なあんて・・・しかし、世の中はそんなに甘くありません・・・明確に足に疲れが出てきて・・・そしてこのあたりから坂が連続してあります。

 前半は坂があってもあまり気にならなかったのですが、30kmを越してからの坂は辛いものがあります。この感触を初めて感じました。そういえば、かすみがうらは、前半に坂が多いものの後半は真っ平ら・・・つくばは立体交差の坂が1ヶ所あるだけなので、後半の連続した坂は初体験でした。

 明確にペースが落ちてきました。登り坂で歩き始める人が目立って増えていきます。辛いけれど歩かない・・・走って完走する・・・これが最低限の目標なので・・・我慢して走り続けます!

 しかし、ほとんど抜かれるだけ・・・でも気にせず、自分のペースを守ります。


 30~35km  ラップ 35分06秒

 かなり遅くなった気がしたのですが、ペースダウンも7分/kmで抑えられました。

 そしてここから更にきつくなります。

 ゴールまであと5~6km程度のあたりから、一般道の閉鎖が解除されて、歩道を走ることになります。そして、信号にも従わなければなりません。(この大会はスタート後4時間で交通規制が解除されます)

 更に追い打ちをかけるように左足がツッテきました!強くツッタのではないので、そのままごまかしながら走り続けます。しばらくそのまま走るとツリが治まりましたが・・・

 そして、最後の力を振り絞って自分のペースで走っていても、信号待ちでペースが崩される!再度走り出す際にカラダがついていかず、かなり辛いものがあります。

 35~40km  ラップ 38分10秒 (たぶん信号待ち1~2分程度含む)

 そして、ラストスパート・・・と言いたいところなのですが、そんな体力残っていません!

 さっきまでのペースをどれだけ落とさないかだけ気をつけて、猫背にならずに胸を張って走り続けるこがねえむしです。そして・・・

 勝田マラソンゴーーール
 注)この写真にこがねえむしはいません。


 40~ゴール   ラップ17分00秒

 結果   グロス  4時間44分

      ネット  4時間38分

でした。

 ゴール後のこがねえむし
 まだ元気そうに見えるかもしれませんが、立っているだけでやっとのこがねえむしです。

  
 いろいろと体験できた勝田マラソンでした。今日は一日遅れの実況中継のような記事でしたが、長文に最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 たぶん、近いうちに続編があると思います。
  
 
スポンサーサイト
テーマ: マラソン -  ジャンル: スポーツ
by こがねえむし  at 21:09 |  マラソン |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム