FC2ブログ
尾瀬 秋

北海道紀行(4日目前半:知床5湖)

 こがねえむしです。
 北海道旅行も後半4日目となり、今日はガイドさん付きの知床一日ツアーに参加します。

[6月21日午前]
 午前中は、知床5湖巡りです。この時期ヒグマの出没が多く、3~5湖はほとんど入山禁止、場合によっては1~2湖まで入山できなくなることが多かったそうです。

 そこで、6月19日から知床5湖への入山システムが試験的に変更になり、精通したガイドが付いた場合は一組10名まで入山できるようになりました。10分以上グループごとの入山をずらすことで、途中、混雑しないようにすることと、お互い無線を持ってヒグマ出没情報を交換することで安全性を向上させているそうです。

 ルートは、5湖から始まり、2湖までとなります。1湖は最近TVでも紹介されていますがクマよけの立派な木道ができたので、そっちは後で勝手に行ってください、って感じです。

 歩き始める前に、VTRで知床の概要とヒグマと人間との関係を教わります。
 基本的に、ヒグマはヒグマの土地、人間は人間の土地にいればよいのですが、何かしらの理由でそれが交錯した場合に事件となるのです。「遭わないようにすることが大事」と、くり返し教わりました。ヒグマは人間とは遭いたくないので、人間の雰囲気を感じたところで、自分の身を隠します。しかし、確率的には低いのですがそうならない場合があるので、その場合人間は自分の身を守らねばなりません。
 万が一、ヒグマに遭ったら、大声をださずにヒグマを刺激しないようにし、あとずさりしながらヒグマが立ち去ることを待つこと。

 但し、不幸にもヒグマに襲われた場合、

 ・うつぶせになって、自分の首を両手でガードする
 ・両足をハの字に開いて、ヒグマにひっくり返されないようにする

ことだそうです。

 ヒグマは人間の腹部をねらいます。そこをガードするこためにうつぶせになることと、弱い部分の首を手でガードすることで、ヒグマに攻撃されても致命的な負傷を負わないようにすることだそうです。この方法以外、現在では対処のしようがないそうです。

 なんか行く前から、大丈夫だろうか、と心配になってしまうのですが、5湖をめざして出発します。山道の入口でガイドさんがクマよけの電線を解除してから入ります。一緒に行くメンバーは、同じホテルに泊まっていたおじさんとおばさん二人、20歳代と思えるお兄さん、40歳前後の夫婦(?)らしきカップル、まいまいさんとこがねえむし、そしてガイドさんの9名です。

 5湖まで歩きやすい山道を歩いていきます。そして5湖に着いた途端雨です。
 知床5湖

 そして次は4湖を目指しますが、ガイドさんはクマに知らせるため、

   ①柏手をパンパンと打つ
   ②ホーー、ホーーと叫ぶ

を(たぶんヒグマが出そうな)ポイントごとに繰り返しています。

 おかげで、ヒグマに出会わずに無事4湖に到着しました。
 知床4湖

 その先、ガイドさんはタダの水たまりだと言っていましたが、すごい景色でした。
 知床水たまり
 これを水鏡というのでしょう。

 ここを通過してから、霧が濃くなっています。

 知床3湖
 3湖ですが、霧で何も見えません。

 知床キツツキ
 クマゲラ(キツツキの一種)が掘った穴です。

 知床ネムロコウホネ
 ネムロコウホネです。
 
 こうして、2湖に着きました。ここはガイドさんなしでも行ける範囲です。
 霧の中をさまよっていた、って感じでした。
 知床2湖

 このあと、駐車場まで戻り、自由時間(約15分間)があったので、1湖の立派な木道に行きました。先ほどまでのトレッキングルートと違い、ここは完全な観光コースです。観光バスから降りたおじさん、おばさんが闊歩しています。

 知床1湖木道
片道800mなのですが、時間的な予備知識がなく、集合時間に遅れたこがねえむしとまいまいさんでした。

 今日も長くなりましたので、ここまでとさせていただきます。
スポンサーサイト



テーマ: 北海道 -  ジャンル: 旅行
by こがねえむし  at 21:52 |  旅行 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
RSSリンクの表示
検索フォーム