尾瀬 秋

北海道で出会った花たち その2

午後11時からTVを見る・・2時間で終わるはず・・延長・・PK・・
昨晩は全く眠くなかったけど、
今日の午後の眠いこと眠いこと!

3時起きの日の方がマシだった!!

何はともあれ、日本代表の皆さんのがんばりで、元気をもらいました。
ありがとう!!
そして、いよいよベスト8の戦い!
これも楽しみですねっ!



さて、本題。
クマにも襲われなくてすんだってことで、
本編ももう少し続くんですが、お花を。
北海道で出会ったお花たち「part2」です。

カヌーの日の午後、近くの森の中で見たさりげないお花たち、
北海道でなくても見られるものもたくさんありますが
まいまいの趣味ですのでご容赦ください。

こっち向いて
こがねえむし、興味がないのがありあり。後ろ向きだってば。シリバナスミレ?

へびいちご?
これ、たぶんヘビイチゴだと思うのですが、ガイドさんも興味がないのがありあり。
「ん?そうかな?」
普通のヘビイチゴよりかなりでっかいんですけど。お花がきれいです。

コンロンソウ
こちらはガイドさんが進んで教えてくれたので有名なのでしょう。「コンロンソウ」
名前は中国の「崑崙」に降る雪からきているそうです。
透明感のない絵の具の白のような真っ白い花です。

オオニワゼキショウ?

さて、人間が森を切り開いたところで、群れて咲く青紫の花・・。
「それは外来種だよ。」と、ガイドさんはむしろ困り顔。そう、釧路の自然からすれば邪魔者。
これは、うちの近所にもあった例の「ニワゼキショウ」です。
でも、この色!これは、オオニワゼキショウか、オオニワゼキショウと交雑したか・・です。
初めて見ました。
でも、釧路の自然のためには、これ以上増えないでほしいですね。


厚岸「愛冠岬」に行く道の途中で 

サクラソウ?
野生のサクラソウ・・白い花が多かったので新鮮です。
霧多布岬の崖にも群生していました。


こちらは、「原生花園あやめヶ原」にて。残念ながらヒオウギアヤメはまだちらほらです。

ハクサンチドリ
これは、ハクサンチドリ。

?
この原生花園では土地の人が散策路をお手入れ中でした。パンフレットもきれい。
土地の人が大事にしている場所のようです。
ちなみにこの花の名前はわかりません(笑)

?
これも不明・・ゴメンナサイ。
「旬の花時計」を貸して下さっているアシタカ様から,
「エゾノハナシノブ」と,教えていただきました。
素敵な名前です。
アシタカ様,ありがとうございました。


霧多布岬にて。
オオバナノエンレイソウ
悲しいピンぼけ写真。カメラが1台なので「これも撮って」攻撃にあきあきするこがねえむし。
ああ、知らない悲しさ。これは☆花亭が「ちょこれいと」にもしている「オオバナノエンレイソウ」
どの原生花園にもなくて、こんな崖っぷちに何気なく咲いてるとは、その時は知るよしもなかったのでした。

スミレ(無印)
はいはい、そうですとも。これはただの「スミレ。」
そ、どこにでも咲いております。
でも、こんなに花が大きくて数が多いのは珍しかったんです。春と夏が混在している感じです。


今日もちょっと欲ばりすぎたでしょうか?
本日のオマケ 
森の中で見つけたきれいな虫。もちろん名前はわかりません。(いばるな~。)

むし・・調べてません m(_ _)m
  
スポンサーサイト
テーマ: ■お花が好き♪ -  ジャンル: 趣味・実用
by こがねえむし  at 20:55 |  旅行 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
twitter
RSSリンクの表示
検索フォーム