FC2ブログ
尾瀬 秋

年イチの聴神経鞘腫の検査です!

こがねえむしです。

今日は年イチの聴神経鞘腫の検査です!

最初は頭部MRIから・・・10年前に初めて体験したときと比べて・・・

 ・うるさくなくなってきた
   ・・・昔は枕元でドラム缶を棍棒で叩いているような音がした
    ・・・が、今はシンセサイザー風の音になっている。

 ・時間が半分程度になった・・・20分ぐらいで終わります

 ・最近は、手術中にMRIが撮れるようになったそうだ

このように、機器の発展はめざましいものがあります。

MRIは予約時刻に始まり、所定の時間で終わるのでいいのですが・・・

次の耳鼻咽喉科・・・聴力検査にはすぐ呼ばれるのですが、診察になるまでが長い!

待っているのが、イイカゲンイヤになってきます!

さらに午後には脳神経外科の診察があるので、ゆっくりしていればいいのですが・・・

父親譲りのせっかちなこがねえむしです。

耳鼻科診察終わりました!

明確に左耳の聞こえが悪くなっているのですが、聴力検査の結果は変わりありません。

不思議なので医者に聞いたのですがわからないようです。

まあ、加齢によると判断しておきましょう!

午後の診察まで時間があるので、病院近辺を放浪します。

150507つくば02

田園地帯を通過し、イーアスつくばというショッピングモールにとうちゃこ・・・昼飯に・・・

150507つくば01

長崎チャンポンです!

そして午後・・・

脳神経外科の診察結果は・・・

異常なし

でした。

来年の予約して・・・会計がでるまで小一時間待ったのち、病院をあとにしました。

これから小田原に帰ります。

明日は仕事・・・ああ、連休が終わってしまう・・・遊んで暮らしたいなあああ・・・・心の叫び でした。



スポンサーサイト



テーマ: 医療・病気・治療 -  ジャンル: 心と身体
by こがねえむし  at 15:30 |  昔話 聴神経鞘腫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

聴神経鞘腫・・・定期検診

 こがねえむしです。

 今日は、定期的に診てもらっている大学病院での診察でした。

 早いもので、あれから9年が経過しました。

 まずは脳神経外科で、先週やった頭部MRIの結果・・・

 130418MRI

 これがMRIの写真です。どこがどうなっているかよくわからないでしょう?!説明を聞いていたこがねえむしもよ良くわかりません。

 でも医師の説明で分かったこと・・・聴力を温存するために残した腫瘍はあまり変化ありません。



 その後耳鼻咽喉科へ・・・ここでは聴力検査をしてからの診察ですが、左耳4,000Hzあたりが去年と比べて弱くなっていることがわかります。

 これが、単なる検査の誤差か、加齢によるものか、またはアルコールによるものか、もしかしたら残った腫瘍によるものかはわかりません。

 ”まあ、気長に見守っていきましょう”

というのが、医師の結論でした。

 こがねえむし本人も、”まあ、そんなもんだろ”ってとこで納得しています。


 これから、こがねえむしの余生がいつまであるかわかりませんが、それまでずーーーーーっと、付き合っていきそうな聴神経鞘腫です!
 
  
[PS]

 こがねえむしが診察を受けている間、まいまいさんは近くにある実験植物園で花見をしていました。

 その中の写真を一枚・・・さて、これはなんの実でしょうか?

 130418これなんの実でしょうか


 こがねえむしは、マンゴーかと思いましたが、よく見ると違いますよね・・・

 正解は、どこかをどうにかすると出てきます!

続きを読む »

テーマ: 医療・病気・治療 -  ジャンル: 心と身体
by こがねえむし  at 19:51 |  昔話 聴神経鞘腫 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

聴神経鞘腫のことが新聞に出ていました!

 こがねえむしです。久しぶりに”聴神経鞘腫”について書きます。

 こがねえむしは7年前の4月にこのために頭部切開放手術をしています。このあたりの話は、このブログの右側の、

 ”カテゴリ” から ”昔話聴神経鞘腫”

をクリックしてご覧ください!

 そして、現在の状況・・・

 ・平衡感覚はカラダを動かして汗をいっぱいかいていれば、おおむね安定している
  ・・・しかし、ストレスがたまると、まっすぐ歩けなくなり、片足立ちができないようになります!
   ・・・このため、こがねえむしは年中放浪しています!

 ・耳鳴りは相変わらずで、いつでも ”キーーーーン”が聞こえます。

 ・人の話が聞き取りづらくなっている
  ・・・サラリーマンのこがねえむしにとって、会議での発言を聞き取れないのは、かなりのリスクです!
   ・・・加齢による聴力の衰えが更に拍車をかけています。

 ・MRIでの定期検診では、腫瘍の変化はほとんど認められない

 おおむねこのような状態です。
 


 そして、先日の茨城新聞に「聴神経鞘腫」のことが書かれていました。

 この病気の経験者にとって見れば、この記事は特記するほどの内容ではなく、一般的な病気の紹介なのですが・・・

 マスコミがこのような記事を書いてくれることで、病気の対する認識が一般に広まり、更にこの病気にかかっている人への認識が上がることを期待しています。


 ・なんとなく全身の調子が悪い
 ・頭がふらつく
 ・人の話が聞き取れない・・・特にザワザワしているところで・・・
 ・耳鳴りとはお友達
      ・・・etc

 こんな感じで仕事をしていることが少しでもわかってもらえると・・・

 こがねえむしは、助かります!


 マスコミの皆さん、新任大臣をいじめることは楽しいでしょうが、こんな程度の記事で喜ぶ一般市民もいますので、いろいろなことを、いろいろと紹介して、役に立つ記事を書いて下さい。


[PS]

 この記事の中で、こがねえむしが初めて知ったのが・・・

 ”聴神経鞘腫の原因のひとつは、携帯電話の電磁波かも?”

 こがねえむしが発症したのが約15年前なので、ケータイが無い時代なのでそれと別の原因があったのでしょうが・・・

 でもみなさん・・・ケータイに頼りすぎは、思わぬ病気を招くかもしれませんよ!!

テーマ: 医療・病気・治療 -  ジャンル: 心と身体
by こがねえむし  at 19:45 |  昔話 聴神経鞘腫 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

こがねえむしの写真を見て下さい!

 こがねえむしです。

 今日は、尾瀬に出かけているはずなので、事前に記事を書いてあります。

 まずは写真を見て下さい。今年になってから撮った写真です。

 右下がり01
 これは、今年2月ごろ日光戦場ヶ原をスノーシューで歩いた時の風景です。

 右下がり02
 これは、今年4月3日に金沢八景・野島公園からの展望です。

 右下がり03
 続いて、4月8日に行った柏原公園のシダレザクラです。

 右下がり04
 これは、4月10日の笠松運動公園です。

 右下がり05
 その翌日、茨城県庁最上階25回からの映像です。

 右下がり06
 そして最後となりますが、4月29日の宝篋山からの関東平野一望の写真です。

 これらの写真を並べたのは、写真の風景そのものに意味があるわけではありません。最近、自分で気づいたのですが、地平線等の水平な写真を撮った場合、

 右下がり

になることです。

 これって単なる癖なのか、それとも、手術で平衡感覚の神経を切ってしまっていることによるのか特定できませんが、手術の影響の方が強いと思っています。(医者には言っていませんが・・・)

これを自分で認識したのが半年程度前なのですが、意識して撮影しているつもりなのですが、その後も見直すと右下がりの写真が多く見つかります。

 人間の感覚って、微妙なものなんですね!
テーマ: 医療・病気・治療 -  ジャンル: 心と身体
by こがねえむし  at 20:00 |  昔話 聴神経鞘腫 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

聴神経鞘腫・・・手術をして分かったこと(その2)手術後!

 こがねえむしです。
 昨日に引き続き、聴神経鞘腫について書きます。今回は手術後にわかったことを中心に書きます。

 なお、興味のある方は、当ブログの、4月1日6日23日の記事の続きとなりますので、併せてご覧下さい! 6年前の4月21日です。朝8時から手術が始まり、結局11時間の長時間にわたる手術でした。

[手術の直後・・・自分の体が別のものに変わっていました]
 手術後、ICUに運ばれて、そこで家族と面会しています。その時、自分の体なんだけれど、自由にならない、思うように手足が動かない、家族が周りにいて話しかけても睡魔が勝つ!眠いのだけれど、すぐ目が覚める。看護師が面倒をみてくれて、体を拭いてもらっているのだけれど、感触があまりない。今は昼か夜か、全く認識できない・・・これまでの人生で感じたことのない異様な状態に自分があることが分かりました。

[しかし、人間の回復は早い]
 そして翌日、ICUよりは病的ランクは低いのですが、重病患者専用の病棟に移されました。この日になると、起きて動きまわることはできないのですが、意識ははっきりしているし、面会に来た家族他とも普通の会話ができるようになりましたが、食欲に関しては点滴だけで何も食べられません。

 そして3日目、おしっこ管(正式名はなんていうんでしょうか?)を外されたので、点滴と一緒に歩けるようになりました。
 このころから、ちょっと変な症状が現れていました。鼻水が出るんです、しかし、普通の鼻水ではありません。無色透明、何の濁りもない鼻水が出ています。それを担当(手術をした医者でなく、最近入った新米医者)に伝えても何らまともな回答がありません。これがあとで、入院が長引く原因になっています。

 そして4日目、一般病棟に戻っています。

[耳鼻科の教授には・・・と言われました、えっ!??]
 教授が弟子を引き連れて巡回があります。そして、自分の所に来た時、耳鼻科の教授が、
 「平衡感覚の神経を切ったので、しばらくふらつくから・・・でも半年ぐらいで元に戻るよ!」
と言って、どこかに行ってしまいました。
 「えっ!何それ!?!」
って感じだったのですが、その時はあっけにとられてそのまま受け入れてしまったのですが、そのためのふらつきが未だに解消できていません。後にも先にもその教授を見たのはその時だけです!
 なお、このときの手術は、腫瘍が脳外科の範囲と耳鼻科の範囲にまたがっているので、両方の医師達が交代で手術をしています。

[鼻水が止まりません]
 手術後から出ていたきれいな鼻水ですが、このあたりで、やっと手術をした脳外科医に伝わり、当初10日間程度で退院だったはずなのですが、退院差し止めとなってしまいました。
 この鼻水は、手術の際に開いた脊髄近辺がきちんと元通り閉まっていなかったため、髄液(脊髄の中にある水)が鼻を通じて外に出ていたものでした。
 そのため、背中中央部に穴を開けて管を通し、髄液を徐々にその管に流しながら鼻からでないようにして、開いているところが自然と閉まるようするものです。背中を管でつながれ、ベッドから離れられないどころか、起きあがることさえできない生活を半月近くしています。今思い出しても辛い日々でした。

[しばらくして顔面神経麻痺が出ました・・・医者がものすごくあわてていました]
 髄液流出に苦しんでいる中、更に追い打ちをかけるように顔面神経麻痺が出てきました。顔が思うように動きません。これは、事前にNETで調べてあり、この手術の場合よくあることと認識していたので、ある程度覚悟していたので、しょうがねえなあ、程度の感覚でいたのですが、医者は驚いたようです。
 通常、手術直後に出るはずのものが10日以上もたってから出てきた・・・この病院で初めてのケースのようです。あとで、脳外科の教授と助教授が「このような実例も学会で報告されている」と言うような会話をしていたのを聞いて、なぜ医者達が驚いていたのかが分かりました。結局顔面神経麻痺は、退院する頃に回復しています。

[結局当初予定の3倍の1ヶ月で退院しました]
 当初順調であれば10日程度出退院できたはずが、髄液のおかげで1ヶ月の入院となってしまいました。

[その後の経過]
 昨日定期検診を受けていますが、残った腫瘍が成長すればガンマナイフ・・・その経過を6年間観察していますが、今のところ変化はありません。

 その他、病気そのものとは直接関係ありませんが、気が付いたことを書きます。

[看護師さんは大変です] 
 看護婦さん(今は看護師といいますが)ですが、入院して初めて、過酷な労働条件だと言うことがわかりました。昼まで病棟で働いていた人が、お昼にいったん帰って、その日の深夜12時に病棟に戻って来るという勤務条件・・・一般企業での交代勤務では考えられません。本当にお疲れ様です。

[介護士の立場の弱さ]
 当時娘が高校2年でした。娘が自分の進路として「介護士」ということをよく言っていたので、看護師さんに聞いてみました。
 「やることは同じだけれど、報酬は看護師の半分」、「お子さんが介護をやりたいのなら、絶対国家資格を取って看護師になるべき」、と誰に聞いても同じ回答が帰ってきます。
 社会のひずみ・・・ですかね・・・どうにかせにゃあ・・・

[最後に] 
 とりとめもなく、思い出しながら書いていますが、今、聴神経鞘腫でお悩みの方がいましたら、一度連絡ください。手術経験者として、何かしらのアドバイスはできると思います。特に自分のように、若干腫瘍を残して経過観察し、成長するならガンマナイフ・・・という治療方法は珍しいいようですから・・・もしかしたら、私の脳外科主治医が考えた方法かもしれません・・・
テーマ: 医療・病気・治療 -  ジャンル: 心と身体
by こがねえむし  at 21:11 |  昔話 聴神経鞘腫 |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
旬の花時計
プロフィール

こがねえむし

Author:こがねえむし
スポーツ大好きおじさん
自転車・マラソン・ハイキング・スノーシュー・アメフト観戦・カヤック・釣りが,ただいまの守備範囲
(聴神経鞘腫についてはカテゴリからどうぞ)

※ 記事の内容とかけ離れた内容のコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
最新トラックバック
まいまい      BOOK BOX
「本が好き」にリンクしました。
RSSリンクの表示
検索フォーム